金融 ブラック 記載

事故情報がある人は金融の利用が難しいと言われる事が多いのです。

事故情報とは何かというと、信用情報機関に記録されている異動という情報の事です。

債務整理や滞納などをした人は信用ができない人という事で、信用情報機関に異動と記録されます。

この異動が記載されてしまうとしばらくの間はブラックの状態で過ごさなければなりません。

ちなみにブラックというのは、信用情報機関に事故情報が記載されている人さしています。



一生続くわけではないのですが、事故内容によって時効までの期間が異なります。

債務整理の場合だと5~10年はブラックのままです。

時効以外にブラックを消す方法はないので、時効を大人しく待つしかないでしょう。

ちなみに時効のカウントは借入からではなく、完済からカウントされるので注意して下さい。

完済や契約終了が遅くなれば、ブラックの状態もそれだけ長くなるという事です。

時効でブラックが解除されれば、再び金融の利用は可能となります。



じゃあ、ブラックの期間にお金が必要になったらどうすればいいの?という人もいるでしょう。

どうしても必要という場合には、ブラックに対応している金融を探して利用するしかありません。

対応している金融ならブラックに対しても積極的に貸し付けを行ってくれる場合が多いです。

ただ、ブラックに対応していると言っても違法業者は危険なので利用しないようにしましょう。

利用するなら必ず正規業者を利用するようにして下さい。



正規業者でブラックに対応している金融がある事に驚く人も多いですが、正規業者にも色々な会社があるので審査が甘い所もあります。

審査が甘い所なら過去を気にせず審査を行ってくれるので、ブラックでも借りれる可能性が高いです。

ブラックでも借りれる可能性があると言われているのは中小の金融ですが、実際に中小を利用して借りれた人も沢山いるので申込んでみると良いでしょう。



大手金融が有名ですが、大手金融だとブラックに対して貸付を行っている所はありません。

ブラックリストでもキャッシング可!

リスクがあるという事で拒否されてしまうので、ブラックでも借りたいなら中小を利用した方が良いと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。